生理前の紫外線はハイドロキノン入りPOLAで予防

シミは肌の老化や日差しに含まれる紫外線の影響によって、メラニン色素が増えることであらわれるものです。
日焼けした肌は色が黒くなってきますが、これもメラニン色素が増えたことによる影響です。メラニン色素は皮膚がターンオーバーを繰り返すうちに、外へと排出され、もとに肌の色に戻りますが、一部分のターンオーバーが崩れたり、メラニンの分泌が過剰になることで、跡として残ってしまうシミが作られるようになります。
シミには、ハイドロキノンという薬の成分がよく効きます。漂白剤のような役割を持っており、メラニン色素の分泌を抑制することで、シミの発生を抑え、徐々に治していきます。ハイドロキノンは医師の処方が必ずしも必要なものではなく、ある程度の配合量であれば、市販の医薬品や化粧品の中にも含まれているものです。シミに悩むなら、ハイドロキノン配合の市販品を試してみましょう。
シミの原因には、生理も関係しているといわれています。女性の生理は約1ヶ月周期で訪れますが、生理の10日前やその前後の排卵期を過ぎた頃に、黄体ホルモンが体内に増えるようになっています。黄体ホルモンが増加すると身体の不調があらわれるようになり、ニキビやくすみなどの肌荒れを起こしやすいため、この時期の紫外線対策は丁寧に行いましょう。
大手化粧品メーカーのPOLAから、多くの美白化粧品が登場しています。紫外線によるシミやくすみ、そばかす対策ができるものばかりですので、毎日の予防としてPOLA製品を使いたいところです。
しかし、POLAの一般的な美白化粧品は、治療薬ではありませんので、あくまでも予防を目的として使用するものです。過度な期待はしないようにしましょう。